オゾン殺菌は、直接細菌に反応し分解しますので、非常に効果があり、使用後もすぐに分解して酸素に戻るので、残留毒性の心配もなく、安全です。

 

 
 
 
 

オゾン殺菌のメカニズム

細菌細胞は、染色体の外側にタンパク
質と脂肪からできた柔らかい細胞膜があり、その外側にタンパク質、多糖、脂肪でできた細胞壁があります。
オゾンが空気中に放出されると、オゾンと水分が反応してOHラジカルが生成され、硬い細胞壁を酸化破壊しはじめます。すると、細胞浸透率が変化し、酸素の活性が失われ、核酸が不活性化されることにより、死滅します。

 

塩素殺菌との違い

●オゾン
強い酸化力で、細菌の細胞膜を破壊し分解することにより死滅速効的殺菌性

●塩素
殺菌力は濃度に比例し、細菌の細胞膜を通過して核酸を攻撃し、酸素を侵すことにより死滅 残留殺菌性

塩素は残留することにより殺菌効果が持続し、細胞膜を通過して核酸を攻撃する死滅法のため、耐性菌ができやすくなります。オゾンは細胞全体を破壊するので、耐性菌できにくくなります。

オゾン殺菌のメリット

オゾンは、使用後もすぐに分解して酸素に戻るので、残留毒性の心配もなく、安全です。
オゾンは、直接細菌に反応し分解しますので、非常に効果があります。
オゾンは、直接食材に反応させても害はありませんので、幅広い用途にお使いいただけます。

 

 

 

ページ先頭へ

 
 
ホームページ作成方法